フクミのブログ:FAN&FUN

FAN&FUN

米国警察の新たな秘密兵器にもレーザーポインターが搭載される

約 2 分

米国では危険な犯罪者が銃を所持している事が少なく無い様ですが、だからと言って警官がどこまで発砲すべきかは単純では無く、双方の生死を大きく左右してしまうだけに非常にシリアスな問題です。

そこで銃に代わる対抗策として、米国警察が新たに開発したのがこちらの ” Bola Wrap ” !

米国警察の秘密兵器Bola Wrap

西部の開拓時代にカウボーイが使っていた ” Bola Wrap ” と言う投げ縄の様な武器を、動画からもわかる様にコンパクトな筐体からボタン一つで発射出来る様にした訳です。
発射されたストリングがぐるぐる巻き付く事で相手を拘束するだけで、基本的に傷害を与える危険性は極めて低いのでは無いでしょうか。

そして…その照準を合わせるのにグリーンレーザーポインターが使用されていますよね!
やはり緊急時に手の感覚だけでは不安が残りますので、レーザーポインターで照射する事によって視覚的に確認出来る機能は必須なのだと思います。

 視覚化 = レーザーポインター

今回は方向の視覚化に使われている訳ですが、これから開発されるどのガジェットにも視覚化の為にはレーザーポインター!…と言う流れになると嬉しいですね!!