楽しく働くフクミのブログ:FAN&FUN

楽しく働くフクミのブログ

香港から中国本土内への移動

, …
約3分

今日は香港から大陸(中国本土内)に移動していきますが、一番厄介だったのはやはり”国境”を跨ぐ手間でしたね。

いずれにせよ中国本土内に移動する手段は様々あるのですが、ザッと下記の様な選択肢になるのでしょうか。

空港から中国へ行く場合

  • フェリー(香港へ入国しないため、到着した港で中国入国手続きのみとなり一番楽な移動)
  • バン(香港入国後に中国へ移動します。乗客が集まったら出発するので時間が読めず、国境はいつも大渋滞でトイレに行きたくなるとピンチです。乗り換えがある場合もあります。)

香港市街から中国へ行く場合

  • MTR+鉄道(羅湖‐広州)
  • MTR+鉄道(香港西九龍‐広州)
    *大型バスもあるようですが割愛

ちなみに今回は2018年に開業した広深港鉄道を利用してみました。

今回は初めてなので、深圳駅に到着するまでのフローを出来るだけ記録してみました。

7:53
切符購入(待ち時間ほぼなし)

7:55
香港出国(待ち時間数分)
8:00
荷物検査(待ち時間ほぼなし)
8:50
中国入国(待ち時間..1時間弱!)
8:55
荷物検査(待ち時間ほぼなし)
9:05
改札通過(待ち時間10分)

*改札を通る時間も出発15分前と決められていて、ここでまた長蛇の列になります。
改札には切符ではなくID(私の場合はパスポート)をかざします。

9:10
乗車
9:21
発車
9:39
深圳駅到着

そうなんです。
冒頭にも言及しましたが、やはり入国審査が激混みxカオスで疲れ果てさせられました。
長蛇で長時間並ばさせられているのに、なぜか急いでいるから先に行かせてくれという団体が割り込んできたり、相変わらずやられたい放題な状況だったのでした..。

香港から深圳への移動自体は20分も掛からない訳ですが、結局その前後を合わせると1時間半ほども要したことになります。
今や同じ国ですよね?
..ねぇ。

※後日談ですが、翌日の夜に同じルートで中国へ来られた方から話を聞いたところ、どうやらその時はガラガラでかなりスムーズに来られたようでした。
激混みだったのは香港での大きな国際展示会の直後だからだったのか、月曜の朝だったからだったのか、タイミング次第でどうやら状況は大幅に変わるのかもしれませんね。