楽しく働くフクミのブログ:FAN&FUN

楽しく働くフクミのブログ

初めての杭州でいつもの深センや東芫とのちょっとした違いを考えてみた

約 1 分

商品調達の下見で初めて中国杭州に来ています。
いつもは更に南に位置する深セン、東芫に行くことが多いのですが、様々な違いがありましたのでまとめてみたいと思います。


杭州までのフライト時間

東京-杭州は直行便で約3時間半で、台湾までと同じくらいでしょうか。
深センだと香港経由で乗り換えもしなければならないですし、7〜8時間も掛かってしまいますので、結構移動が厳しいのですよね。

海外出張では飛行機の中で映画を見るのが楽しみの一つですが、香港までだと2本も見られますが、杭州までだと1.5本分と言う中途半端さ。
でもその分、身体が楽なのはやっぱり良いですね!

杭州の気温

10月の杭州の気温は23℃程度で、最近の気候は安定していないので何ですが、まあ涼しくなった東京とほぼ変わらないくらいですね。
ワイシャツ一枚だと多少肌寒さを感じます。

深セン、東莞だと少し暑いくらいのイメージなので、杭州の方が身体が楽かもしれません。

それにしてもどんよりとした冴えない天気です..。

杭州で泊まったホテル

最近は海外出張向けのホテルはbooking.comで探しています。

今回はbooking.comで中々の評価だったこちらのホテルCOZY PARK HOTELに泊まっています。
RMB559ですから、日本円に換算すると約8300円と言うところでしょうか。

杭州内での移動

今回訪問した工場は空港から車で15分。
市内に在るこちらのホテルまでは工場から車で40分。
空港まではホテルから車で30分と言う感じで、移動時間が然程長くはありません。

深圳や東莞の移動はバスやフェリーが必要であったり、車移動も1時間は掛かるケースがほとんどなので、比較的楽に感じますね。

杭州と深センや東芫との違いのまとめ

飛行機での移動から始まり、車での移動も楽なので、暑くもなく、今のところは杭州は色々と楽だなあと感じている次第です。

でも暑くなるとしても、もう少し快晴であれば気分も上がるのですが..と言う感じですね。