楽しく働くフクミのブログ:FAN&FUN

楽しく働くフクミのブログ

CES2020へ弾丸ツアーで行ってきました! 〜Tech West:ヘルステック編〜

約 1 分

様々な紆余曲折を経て..、ついにやって来ましたCESのTech West!

Venetianへ突入!

ストリップの北側に位置するVenetianですが、今回もやはり正面玄関から堂々と入ってやりました。(笑)

中に入っても暫くはショッピングモールや、Venetianの名物ゴンドラに乗れるカナルを横目に、場違いな景色を楽しみながらも暫く歩き続けなければなりません。

結局正面玄関から10分くらいでしょうか、明らかに客層が変わって..通路が混雑し..ついにCESの文字が!

Innovation Awards Showcase

VenetianではこちらのInnovation Awards Showcaseと言う、CESで表彰された製品がギュッと凝縮された展示が見られました。

数々の製品がショーケースの中に並べられているのを、美術館の様に一列になってじっくり見る感じなのですが..混んでて全然進みません。
きちんと全部見ようと思ったら、恐らくこちらだけで2〜3時間は必要でしょう。

各製品の隣には説明書きが掲示されているのですが..字が小さい。

見られた中で面白いと思った製品の一つがこちらです。
会議用のカメラシステムですが、今やアクションカメラでは当たり前になりつつある360°撮影が可能な様で、恐らくこれ一台を会議室の真ん中にでも置けば、会議室全体が見える様になるのでしょう。
一対一であれば定点フォーカスのカメラで良いかもしれませんが、広い範囲、そして複数人でコミュニケーションを行うのであれば間違い無く便利な機能だと思います。

こちらはベビーテック製品で、所謂電動ゆりかごです。
産後のお母さんはそれこそ大変ですから、ベビーテックには今後もっと注目が集まっても良さそうに思っています。

こちらは単純な横方向の動きのみならず、上下左右と複数の動きを組み合わせられ、スマホからも操作が出来るとの事ですが..もう少し工夫が有るのだと思いますが..結局わかりませんでした。(若しかしたらそれだけ??)

Innovation Awardsの対象製品はこちらから見る事が出来ます

Sandsへ突入!

Venetianの通路に再度出て、ほんの少し歩くとそのままSands Expoの2階に突入となります!

ヘルステック

またわざわざ2階に戻って見始めましたが..やはり面白いですね、CESは!

入口付近は所謂ヘルステックのエリアでした。

スポーツテック

先ず一発目のこちらは水上電動自転車。
水上をスイスイ自転車の様に走っていけるのです!
水に濡れる事も無い訳ですし、泳げない人にも良いですよね。
そして単純に水の上を走れるって楽しそうでは有りませんか!!

しかしながら問題は電池寿命。
60分ほどしか持たない様なので未だ未だ実用途向きでは有りませんので、今後に期待したいところです。

こちらは日本の太陽誘電のブース!

スニーカーの中にモジュールが組み込まれ、走り方の詳細が計測されます。
単純なスピードや距離だけでなく、ピッチやストライドや着地の仕方など思った以上に細かい分析が可能なハイテクスニーカーでした!!

こちらはゴルフボールの中にチップが埋め込まれていて、ボールがどこに行ったのかスマートフォンで探せる様になると言う製品です。
日本では電波法の関係も有りますから、Bluetoothでそこまで現実的な距離まで繋げられるかと言えば..う〜んと言う感じですし、近くまで来たとしてもその精度も..う〜んと言う感じですが、このコンセプト自体は有りですよね!

そしてこちらは自動走行カート、キャディ機能付き。

GPSが搭載されていて正確なコースデータも入っていますので..言い訳がし辛くなるので私なら要りませんが。(笑)

こちらは韓国のSCICのブースです。
壁に投影した映像にボールを投げつけ得点を競い合っていました。

他にも色々なメニューが有る様で、こちらがあれば狭い所で擬似運動会が開催出来るのかもしれません。

車とかでは無くて、自分自身で着るエアバッグと言うのも大有りですよね!

こちらには搭載されていませんが、転倒や衝撃でGPS情報をSOS発信してくれれば更に面白いかもしれませんね。

メディカルテック

遠隔地からインターネットで繋がった動画情報を見ながら、リアルタイムでフィードバックするシステムも多く見受けられました。

因みにこちらはバイタル情報を読み取り、医療アドバイスをフィードバックするシステムでした。
触診などをしなくても画像解析で心拍数、呼吸数、血圧などのデータが取れるのです!
この様なシステムが稼働し始めれば、これからは自宅で診療してもらう事も可能になる訳ですね。

..それにしても病院のあの異常な待ち時間は、これだけ技術が進み、令和になっても何故未だ解決されないのでしょうか?


更にこの様にコンタクトレスで様々なデータが読み取れるのであれば、見た目からだけではわからない、微妙な体の状況変化から嘘発見器の様な使い方も出来る訳です。

例えばお客様との面談の際に、この様な誘導をした場合は血圧の変化から嫌悪感を示されているのがわかったり、この様な誘導の場合は心拍数から喜ばれていると言う微妙なサインを見逃す事が無くなるかもしれません。

その場合はもっと優しくだとか、もっと続けてと言う様なディスプレイがされればわかり易いですね。
それ以上はパワハラですよ!..なんてディスプレイも、双方にとって有った方が良いのかもしれません..面白い応用では無いでしょうか??

また学校の中に設置されていれば、いじめの発見が出来るかもしれませんよね!

こちらは高齢者の生活環境をモニタリングしてAI解析するシステムです。

なるほど、確かにウェアラブルデバイス取るデータにプラスして、行動データの取得にはビーコンの方が適していますから、多少大掛かりになりますが組み合わせるのはなるほどです。
そしてそれらのデータを取りっ放しにするのでは無く、AIに異常値を判断させて健康を気遣うまでシステムアップさせるとは流石ですよね。

喫煙人口以上に喫煙場所が減って来ている昨今。

こちらは喫煙したかどうかを吐息の中のCO(一酸化炭素)の量で判定し、どうしても喫煙が辞められない人を応援していくと言うセンサーデバイス+プログラムの様なものです。

ハイテクなのか、ローテクなのか今一わからないシステムでした..。

我らがTOTOは、アメリカのスタートアップであるGood2Goの移動式トイレも展示していました!

スマートフォン経由で予約出来る仕組みを構築し、快適なトイレにアクセスし易い環境作りを目指していると言う事でした。

ビューティーテック

こちらはスマートミラーと呼ぶべき製品なのでしょうか。

鏡を見ていたら肌の状態をスキャンされてしまいました。
結果は..寝不足と疲れ切っている状態なので、まあ仕方無いと言う事にしておきましょう。

意外と多かったのが光学療法の製品。

こちらは肌の状態を活性化させるマスクとの事ですが、施術されている人があまりにも近未来的と言うか宇宙的なシュールさで面白かったのでパシャリ。

同じ様な光学療法の製品では、被っているだけで毛がフサフサになる..と言われたこちらの帽子。

以前から赤外線レーザーでの治療は有りますが..一体全体その効果は如何なのでしょうか???

ネイルもやらないのでわかりませんが、二次元であればこの様なプリンターでやれば十分なのでは無いでしょうか?

こちらでは無いですが、立体3Dのネイルがやりたければそれこそ3Dプリンターでやるのはどうなのでしょう??

今迄に無いスマート◯◯となる、こちらのスマートベルトと言うコンセプトも面白かったですね。
ウェストサイズのみならず、食事パターンや、着座時間、そして歩数計などが計測される様です。
サラリーマン向けにはうってつけなのでは無いでしょうか?

その内、私達が身に着ける全てはスマート◯◯となっていくのでしょうね。

スリープテック

健康な体には良い睡眠が欠かせません。
冬に温かくなる電気毛布は有りますが、夏に冷たくなる電気布団って無かったですよね?

最近の暑い夏ではファン付き衣類も定着しそうですから、当たり前の発想としてこの様な涼しくなる電気布団は流行っていくのでは無いでしょうか?

この大袈裟なのはスマートベッドと言うところでしょうか?

眠りの質などをモニタリングしている様でした。

XXXテック

XXXテック関連のブースは意外な程多く出展されていました。

最初は素通りしたりあまり相手にしていませんでしたが、一生懸命真面目にプレゼンをしている女性達(!)を見ている内に、確かに少子化が進む日本ではもっと真剣に考えるべき課題に繋がっていくのではと考えさせられ始めました。

冗談では無く日本の未来と関連していますからね。

因みにヘルステックエリア周辺で日本の会社は、オムロン、パナソニックなどが出展されていました。

いや〜っ、CESって本当に面白いですね!

CES2020に関するこちらの関連記事もオススメです!